オーソドックスに。

たるむな、なんど願った事でしょう。
例えば、ふっていてそれが急激なダイエットによって
たるんでくるならまだしもわかるのです。
しかし、他にもしていないのに
肌がたるんでくる。
たるみ対策としていろいろなケアを施してみるものの、
かりにしていたとしても
そのたるみを解消することができない。
それって本当に辛いことです。
一生懸命やっていることに反比例する。
一生懸命やっっても報われることなくどんどんとたるんでいくほど情けないことはありません。
だからこそ必死になっていケア対策をしていくわけです。
それがうまくいけばいいのですが、
それがうまくいかないのが現状です。
しかし、全くなにもしないで、そのままにしておくわけにはいきません。
とにかくいまは、いろいろな方法を見つけ出すのが今の課題です。
しみやほうれい線などはまだしも
たるみに関しローラーをかけたりするのがいいのかも。
みんなが家でやっていることを取りくむようにしてみようと今では考えています。

チェックするところは。

いろいろなケアをはじめる前に、
自分がいまいちばんしなければならないことは
それは鏡でチェックすること。
自分の肌のチェックすることだと思います。
肌の状態が悪ければ幾らケアをしたとしても意味がないと思います。
鏡を見てどういったところが悪いのかということを
しっかりと見るようにします。
例えば体調が悪い時などは
そもそも問題外。
ケアを始めるときというのは万全の状態である事がスタート。
日ごろの健康管理も大きく左右するということはここでもよくわかりますし、
シミなどができるというのは、急にできるわけではありません。
日頃の行いがこういったところで現れてくるわけです。
だから本当の意味でケアとしては、
日常生活を規則正しくすることではないかなと思います。
食生活もそうですし、規則正しい生活をきちんと行うことから始めること。
そうすれば今までできていたシミなども変わってきますよ。
これは本当に薄くなってくるというか、
消えてしまう場合もあるので、
生活習慣というのは本当に大切ということを実感します。

はじめるにあたって

ケアをはじめてみる・・・ということは
基本的にはもうそういったしみやたるみができている
ということですので、「もう年齢を重ねているから
仕方がない」と割り切るのではなく、
できる限りあらがってみませんか?
せっかくできるはずのケアも、
ほったらかしにしていると
取り返しのつかないことになってしまうかもしれませんので、
早めの対策が大切ではないかと私は思います。
しかし大抵の方が、
「どうやってやればいいとかわからない」のが普通ですので、
少しずつから始めてゆくということが大事だと思います。
もちろん乳液や化粧水そういったものを扱うのも大事なのですか。
使い方を間違えるとかえって逆効果になってしまうこともありますので、
方法も注意しながら書いていきたいなと思います。
ほとんどの方が同じようなやり方をやって、
落とし穴に陥るということもよくありますので、その点をしっかりと
徹底的に私も調べ上げて、
できる限りのことをしていきたいと思います。
間違ったやり方をやっていて効果があまりでないならば
時間もお金ももったいないですものね。

重要なのは音。

塗りこむという言葉を聴いたことがあると思います。
水分が少なくなってきますので、しっかりとクリームを塗りこむとか、
保湿成分をしっかりと塗りこむとか、
やあっている方も多いと思います。
しかし、しっかりと塗りこんでいるようで、実はあまりぬりこめていないというひとも多いようです。
塗ったつもりになっているらしく、結果的には効果があまりないということもあるようです。
ではどうすればいいのか、つまり塗りこめていると確認するにはどうしたらいいのかという
ことになりますよね。
そこで、そのほうほうとしていいのが「音」なんです。

塗り塗りと何度もいいながら塗りこんでいくことです。
どうしても塗りこみの作業は無意識でやりがちです。
でも、これは塗った気持ちで満足して終わってしまいます。
しかし、塗り塗りと何度もいいながら塗ると
意識して塗りこめますので、ぜひやってみてください。
そのうち体がその感覚を覚えていきますよ。
ぜひやってみてください。

負け惜しみではありません。

はっきり言って

このブログを書いているということは

自分自身が誰かに対してこうした方がいいですよと

言ったケアを教えることになるはずなのですが

実を言うと、私自身がまだまだそういったケアを始めていないというか、
自分自身がまだ確立していないんですよね。
ですので矛盾していますが・・・。
人様に教えるほど、

まだまだ良い解決策はあるわけではありません。
でもこうやって考えて欲しいのです。
私が今悩んでて、試行錯誤しているということは、
つまり、こういう考え方と同じように、

パラレルで物事を考えてやっていけるのは、
ある意味いいと思いませんか?
いい方法を見つけたとなると、ここではいいのですが、

考え方がその時点で止まってしまいます。
時代とともにそして季節や気候とともにどんどんと変化しているはずです。
だからこそ現在進行形の今の私のやり方が
一番実はしっくりいくというものと思います。
負け惜しみにきこえますが、これは本当の気持ちなんですよ。

やはり内側よ。

こういったものっていうのは、

ローラーがいい!!

なんて思ってローラーを買ったりしたりしますよね。

通販などで、ローラを顔にコロコロとかけると小顔になったりとか.

しわができてるところたるみができているところ。

そしてホウレイ線ができているところなど

それらがすべてが綺麗になる.

若かった時のあの時のように戻ることができる・・・

なんて歌い文句でこのローラーをコロコロとかするといいと。
しかしそんな簡単に治るわけがありません。
誰もがこんなに綺麗になるんだったら苦労はいりませんものね。
またコロコロするだけで綺麗になるなら別にその機械ではなくてもいいじゃないですか.
何でもコロコロと転がしておけばいいんだから・・・。
別にこの機械を批判するわけではありません。

いい考えだと思いますし、ナイスなアイデアだと思います.
しかしもっと違う形で攻めていかないとこういったものは治らないと思います.

年齢によって作られた、

しわやたるみはそんな簡単に治るものでありません

私は思っています.

具体的に考えていかなくちゃね.

そうなると対外的なものではなく、

対内的なもので取りくんでいかなければいけないなと思います.

体の内側から改造することで、

アンチエイジングに繋がっていくと私は信じています。

なにか対策があるはず。

たるみのない人にどうやったらたるまないのかということを聞いてみたいです。

ケアの仕方は?

他に何か対策を立てているのでは?

若いときから取り組んでいるのか?

など、聞きたいことは山ほどありますよ.

なぜそんなことをいうのかといいますと、

コンビニの店員さんがすごくたるんでいるのです.

でも、そういう姿に自分がなるのかと思うと、

今のうちがチャンスかな?

まだ間に合うのかななんて思ったりしました.

そういう時にたまたまテレビを見ていて、

同じ年代だと思える女性が普通の綺麗な顔だったので

何かケアしているのだろうなぁと思い

そのひとにいろいろ質問したいなと思ったくらいです.

本当に美しいのです.

整形手術であってもそれもそれ。

それも一つのケア方法かもしれませんし、いろいろな方法を知りたいなぁと思いました.

余りにも年齢的ににているし、なおかつ顔の感じが全く違うのであれば、

ケアの仕方が自分が間違っているのか、

相手がすごいのかいろいろわかってくると思う.

そういったことも話をしてみたいなと思います.

結果報告しますのでお待ちを

ホウレイ線のケアを始めるのに。

このホウレイ線をどうのように処分していくか、

処理していくか.

対策を取っていくかを

いろいろなことを考えてしまいました.

漫画やアニメも良く描かれているように

ホウレイ線をかけばやっぱり年をとってるってイメージが出てきますよ.

それをなくすためにどうするかということですが、

私はあえてはだを埋めるのではなく、あえてなくすような方法をとることを思いつきました。

それは飴ちゃんを食べると、口の中でふくらますことがありますよね.

その飴の時、舌を思いっきりほおに突き出すかのようにして、その後銅なのかですが、そのやり方を利用して

ホウレイ線を消すという方法を自分で決めています.

要は強制的に肌のハリを与えるわけです.そのハリで用はホウレイ線をなくして行こうじゃありませんかということ。

なんでうまくいくかどうかわかりませんし、

効果があるのかどうかわかりませんが、

自分で簡単に取り組める方法ですので、

これをどんどん取り入れてやっていきたいなと思っています。

これがうまく行けば、このブログを見てる者たちも

きっと感動するに違いありません。

結果がどうなるのかについては逐次報告したいと思います.

ぜひ楽しみにしておいてください

あのころの自分にいいたい。

私今一番いやなことといえば、

また、もしかしたら一番憎い敵としたら、

「たるみ」なのかもしれません。
昔はそれほど思うなかったのです.

やっぱり若い時はちょっとたるんでいたとしてもすぐに戻りましたし、

なんといっても肌が綺麗かったので

それほど気にならなかったわけですが、

たるみというのは皮膚のわるさみたいなものを表しているような気がしませんか.

そう思うのは私だけでしょうか.

すごく嫌な気分になるんです.

本当にいつからこんなにたるみを感じるようになったんだろう・・・。

鏡を少し見ない間に違うだれかが変なものをくっつけていたのではないかと思うくらいです.

ある年代になるといっきにきた感じがしませんか?

皆さんはどうだったんでしょうか?

私だけ?

なのでしょうか。

とても単純ですか.本当にに嫌ですよね.

若い時に戻りたいと言ってももどれないのが現実なのかもしれません。

しかし戻れるならは、たるみを取ることよりも若返りたいなぁなんて思ったりしています。

あの時の私に言ってやりたいのです.たるみだけは絶対に作らないと。
そしてケアの仕方もその時からずっと対策を立てていればいまは違ってくるだろうなと思い、その自分に言いたいですね.

誰か発明をして欲しい。

やっぱりよく見ると、

しみがよくできているということがよくわかります.

本当にシミって目立つんですよね.

太陽の光があたって、自分の顔を鏡で見た時、

「なんだこれ???」と思うぐらい真っ黒けなんです.
昔アニメでソバカスがとても似合っている女の子の話がありましたが、

若ければそれなりの可愛さがあるかもしれませんが、

年齢を重ねるとね・・・。
そばかすなんて気にしない・・・なんじゃなくて気にしまくりです.
なるべくかくせるものならかくしたい。

というよりもシミが作らないのが1番なのですが、あれって面白いもので、

実は蓄積されているんですね.

そしてあるときに一気に出てくるとか。

だから本当なら肌をめくってその黒くなっているところを取り除くようなことができたらすごいでしょうね.

もしそんなシステムができたら、

女性全員買うんじゃないでしょうか.

ぺらっと皮膚をめくって黒くなっているのを全部取り除けば

本当に真っ白な肌が戻ってくるというもの。

誰か発明しないかなと思ったりします.

そうすれば今私が感じることなんて嘘みたいになるのに・・・。

ぐちをこぼしましたが、

やっぱりそういうことが夢だとした場合、

ケアをしていかなければなりませんね.