重要なのは音。

塗りこむという言葉を聴いたことがあると思います。
水分が少なくなってきますので、しっかりとクリームを塗りこむとか、
保湿成分をしっかりと塗りこむとか、
やあっている方も多いと思います。
しかし、しっかりと塗りこんでいるようで、実はあまりぬりこめていないというひとも多いようです。
塗ったつもりになっているらしく、結果的には効果があまりないということもあるようです。
ではどうすればいいのか、つまり塗りこめていると確認するにはどうしたらいいのかという
ことになりますよね。
そこで、そのほうほうとしていいのが「音」なんです。

塗り塗りと何度もいいながら塗りこんでいくことです。
どうしても塗りこみの作業は無意識でやりがちです。
でも、これは塗った気持ちで満足して終わってしまいます。
しかし、塗り塗りと何度もいいながら塗ると
意識して塗りこめますので、ぜひやってみてください。
そのうち体がその感覚を覚えていきますよ。
ぜひやってみてください。