たるみについてはこの方法

ケア方法を探しているうちに、きっといいものが見つかる・・・

そんな気がするのです。

前回も書きましたよね。

たるみに関しても同じです。

実際ちゃんとケア方法ができていれば、こんなにたるむことがなかったのかもしれません。

でもやっぱりたるんでしまっているのです。

そのたるみを元に戻すためにも、何かしら方法を、少なからずできるだけ早く始めなければならないです。

それがなかなか始められないからこそ、たるんじゃったのかもしれませんよね。

顔のたるみはきのたるみ・・・私は思います。

気がゆるんでいるのです。

さて簡単にできるケア方法ですが、

まずは、まずは顔の運動から始めるのが良いのです。

顔のマッサージを行うのもそうですが、

よくお年寄りのいる老人ホームで行われているのですが、

顔の筋肉をしっかりと動かす練習をします。

「あいうえお」でも構いませんので、口を大きく開けてはっきりと使いこなすようにしましょう。

これなら簡単です。できるっす。だれでも。

顔の筋肉を鍛えることによって、筋肉ができますしね。

その筋肉を使うことによって、顔の運動をすることになるので効果的ですよ。

今までたるんでいた顔も引き締まった感覚になります。

同時にあごも鍛えられるので一石二鳥ですよね。

弱い部分は自然に出来る方法で鍛える。これが鉄則です。

無理にやっても続かないです。

やりやすい方法でカスタマイズしてみてください。

つづけてなんぼでっせ。だれ?私って。

続けられるのが幸せなんです。

ケア方法は探究することから。

とにもかくにもしみやたるみができたときは、そのまま放置しないことね。

とにかく、何かしらアクションを起こしたほうがいいのかしら。と思います。

だって何も続けてそのまましておくのがまずいよ。

どんどんと老化しますものね。

それよりも、それが実際にいいのかどうかわからなくても

一生懸命何か自分でアクションをする事が大事だと思います。

さてケア方法を考える時にまずシミですが、色いろ方法はあると思います。

ネットで調べても友達にきいてもいいと思います。

自分でやれることをどんどんとやっていく。

化粧水や乳液などいろんなものを使ってやっていますし、とにかく友達で紹介してもらったことや、何でもとにかく一生懸命やってみることにしています。

前にヨーグルトを顔に塗ってますよという人がいたのです。

それをまねしてみようと思いました。

結果的には効果はなかったですが、

一生懸命まねしたことは自分でもよかったなと思っています。

もしかしたらもっときちんとしたやり方があったかも。

しれを聞いておきたかったのですが、漠然とヨーグルトだけぬっていたのが良くなかったのかもしれないね。

一つ一つのことをしていくうちにいつか自分のためのものがあるはずです。

私も楽しいですよ。いつか発見があると思えるだけで楽しいですもの。

しみなんて毎年出来る、対策は一度発見すれば間違いなくずっとそれを繰り返す。だからあえてそれを探求していくのが楽しいんですよね。

そんなことを言ってられないのもありますけどね。

いい結果を残したい。

毎日続けることができこと。コレがたいせつ。

いい商品を使ってもつづかなければ意味がないから。

ほうれい線対策かあ。

いろいろ調べてみてもぴんと来ない。だって、どれも商品を使ったり、美容整形にいったりとか。

これなら誰だってできる。

毎日やれるということは、おかねも時間も掛けなくて、気軽にできることだと思うの。

お金を掛けてできるというのは当たり前なのよ。それでほうれい線が消え去るのなら

 

ある意味さっさとやってしまったほうがいいのかもしれませんが。

毎日続けられることこそ、本物ではないかなと考えます。

笑ったときにできる線。真顔のときにも残るのがほうれい線。うっとうしいな。

はやくきえたらいいのに、と愚痴をこぼしてもだめね。

対策対策、どこかにヒント転がってないかなと思っていたら、ともだちにいい話を聞いたの。

ほうれい線って名前があるけど、小さい子供にはそんなものができないとなると、皮膚の

老化だということだと。

対策を立てて何かをするというよりは、アンチエイジング方法を考えたほうが良いと。

なるほどなあと思いました。英人具ケアではなく、アンチエイジングか。

気づきそうで気づかなかった。

この視点で考えていくことにします。

さあて、これから忙しくなり沿う。しっかりと対策を立てていこう。

ほうれい線が薄くなるか、消えてしまうか、さらに増えるか。。。

私のやり方次第ですね。

しっかりとやって報告させていただきます。すぐにでますよ、いい結果が。

ケア一つとっても。

いろいろな肌のトラブルがあって、それに対する解決策も同じように存在する。

むしろそれ以上に解決策が存在するかもしれません。。

最近ではいろいろなところで、トラブルケア対策の商品が販売されています。

ニキビ一つにしても沢山の商品、また大人ニキビという専門的なニキビ対策のケア商品も売られているのですから、まさに圧巻ですよね。

私たちが今しなければいけないことを、ちょっとまとめてみます。

今自分はどんなトラブルに巻き込まれているのかということをしっかりとチェックするということ。

それに対する対策として、市販化されている商品を使うのか。

天然素材を使うのか?

もしくはオリジナルのものを考え出すのか。

そして効果が優れているわけではなくとも、副作用として違う効果が出た時はすぐにやめること。

そして、毎日続けられることで、なおかつ無理をしていないかということ。

こういう点でトラブルを解決できるもの見つけていけば一番いいのかなと思っています。

無理して続けることなんてできませんし、

高くてなかなか買えないのに、

それがいいからといって使い続けるわけにはいきません。

必ず答えは一つではないということがいいたいのです。

世の中には先程も言いましたが、

トラブルの数だけ解決方法がある。

いや、実際はそれ以上に解決方法はあると思ってますので、

一つだけに、絞らず、

いろいろな方法で自分にとって最善策は何か?

ということを考えてみてください。キット見つかりますよ。

ホウレイ線ほどうっとうしいものはない。

ホウレイ線、私にとっての一番の敵みたいな感じ。

なぜかというと鏡を前にしている時は何も出てこないもの。

でも鏡の前ではなく、ホウレイ線って私の前では、恥ずかしがるのかでてこないわけ。

でもだれかと会話している時、笑顔の私。その顔が見れないから、私は満面に笑みを浮かべている。

だけど、そういう時ってチラッとのウィンドウの自分の姿を見ると、ホウレイ線を感じるのです。ううう。

これってすごく辛くないですか。
しみやたるみならば何となくわかる。

笑わなくてもくっきりと跡が残っていたりするからよくわかるの。

でもね、ホウレイ線だけはなぜか隠れてしまうからそれほど目立たない。

自分ではわからないものですよね。

だからとても腹が立つというか、

悔しいというか、

わかっているからこそケアするんだけど、自分ではなかなか気づきにくいからケアしにくいというのが本音ですね。

ホウレイ線に対してはしっかりと乳液をつけて、お風呂上りにマッサージをする方法をとっています。

毎回言っているようにうまくそのホウレイ線とつき合っていくことを考えると、

毎日できることをしっかりとやる。

これですよね。

となると風呂上りのケアが一番いいかななんて思っています。

化粧水をつけて乳液をつけたりする時に、しっかりぬり込むこと。

これによって若さを取り戻すことができる。

それすなわちホウレイ線にきくかなと思ってしています。

本当にシミやたるみから考えると、ホウレイ線は一番目立たないので、一番厄介と思っています。

魔法をかけてみた感じで。

昨日はなかなか画期的な方法についてお教えしました。

このことしっているよって言った人もいるでしょうし、

そうか、そういうやり方もあったのか!と思った人もいるでしょう。

なんせとりあえず一度流行したということは少なからずそれが良いという意味で出てきたからこそ価値があるわけであって、

科学的な根拠とかで結果的にはあまり効果がなかったとしても、

少なからず創始者の方に結果が出たからこそ表に出てきたわけですから。

それをうまく利用して、何とかケアしていきたいと思うのです。

この点が年なのかな?

昔だったらこんなこと思わなかったのに。

でもやっぱりおばあちゃんの知恵袋っていうか。

そういう感覚でいろんな人の知恵を拝借するというのは本当に大切だなと思いますよ。

前回のきゅうりパックそうですよね。

すたれたとか流行してるからとか関係なく、自分にとっていいなと思うものほとんどを吸収していきたいと思っています。

さて、体の表面にはそうやったパックを使ってのやり方もあるかもしれませんが、体の内部についての件については今回じゃなく次にやりたいと思います。

これもしっかりとケアすることによってしっかりと違いがあるので、ぜひ試してみてください。

美しい肌になった、綺麗なたるみになったなど、シミが少なかったり、はだがみすみすしくなったりした時は、

どんどんと外に出て自慢してみてくださいね。

それがまたいい刺激になるのですよ。魔法のように変身しますよ。

いまどきの?流行パックで。

昔流行ったキュウリパック。

な、何と今でも私がやっているのですよ。

というか私は流行に乗ったものをいまでも続けるというわけではなくて、

流行に外れたものを後でゆっくりとやるタイプなんですよね。

きゅうりパックが効果がないから一気に激減されたといわれていますが、私はちょっときゅうりパックの違ったやりかたをしているのです。

これははっきり言って効果的だなと思っているのですよ。

あくまで自分自身の感想なので信じるか信じないか。お任せしますね。

それは何かといいますと、きゅうりをすりおろすのです。

すりおろしたきゅうりのなかに含まれている酵素が活発化されるのです。

それをシミのできている部分に塗って寝ちゃいます。

でも、そのまま塗ってねたらぐちゃぐちゃになってしまいますので、

いつもやっているパックみたいなものを同時につけるようにしています。

そして寝るのですが、本来ならすぐ外してしまうところ、私自身はあんまり寝れないので1時間くらいかな。

その時間をめどにしておきてしまいます。

その時に剥がすので約1時間ぐらいがベターではないでしょうか。

その効果とは本当に素晴らしいの。

しっかりと効果が出ているのですよ。

正しく美しいしわになっている!

そう言っても過言ではないのですよ。

キャーなどと表現するほど若くはないのですが、

徐々に美しくなっているのはやっぱり女性としては嬉しいもの。

きゅうりパックといっても、キュウリのすったもののパックだといえるのです。なかなかいいですよ。

きれいなケアで付き合う

私思ったのですが、どうしてしみやたるみまたはほうれい線ができるとこんなにみんなが忌み嫌うのでしょう。
年をとったからといったとしても、若い時からシミができたり、しわができたりすることってありますものね。

でもそれほどいやらしくないです。

逆にそのシワが可愛かったりして。

でも年老いたときのシワほどなぜか余計に老化したような感覚に見えて嫌ですよね。

年いったから嫌になるのか、シワのそもそもが悪いのかをむつかしいところです。

でも、シミやたるみ、ホウレイ線のケアをするということは少なからずそれを少なくするっていうのもあるかもしれませんが、

私は違う考え方を思い浮かんだのです。

それは何か憑いますと美しいシミにしよう。美しいしわにしよう。美しいたるみにするんだ。

というような考え方に至ったのです。

よくわからないのですができてしまったものは仕方がない。

だからこそ綺麗に手入れすることによって美しくすることにできるんじゃないか。

そういう方に考えたのです。

めちゃめちゃですけどね。

でもケアの仕方ひとつひとつで変化すると思いますよ。

少なからず消してしまおうとか少なくしてしまうとか考えるより

いいという感じがしませんか。

私自身がどれほどできるかわかりませんが、挑戦してみたいですね。

女優さんが綺麗に何かの雑誌の表紙に載っている。
しかもアップでのっている姿を見ると、格好いいと素直に思います。私もそうありたい!
そのためにはやっぱり綺麗にケアをして行こうかなと思ってます。

 

3つの憎き敵に対しての対策。

はっきり言ってこの歳になると嫌になるのが、しみやたるみそしてほうれい線。

一体いつからこんなものが生まれてきたの?

というぐらい勝手に私の顔に存在しています。

何も許可をしていないのにもかかわらず、ね。

できればすぐに出ていって欲しいわ。

よく俳優さんや女優さんなどが「このシミやシワがその人の人生経験をより豊かにしている」なんて事を聞きますが、

私たち素人にとっては本当にどうでもいいものなのです。

むしろ、大根役者と呼ばれたり、ど素人と言われてもいいから、シワやたるみ等が取れてくれたら嬉しいです。

年をとれば仕方がないと思うのですが、

やっぱりこのシミやたるみそしてほうれい線のケアは、やっていきたいなと思います

理由はというと、少しでも若く見られたいからです!

一生懸命することによって少しでも若く見られたのなら、その努力はむくわれるはずです。

しっかりと頑張ってやっていきたいと思います。

さてどのような方法でやっていけばいいのかということですが、一つみていきましょう。

しみやたるみ、ほうれい線を一つ一つ進めていくので、一気に見ていくわけではないのです。

何かしら解決策が見つかると良いのですが、

まずは憎きしみからやっていきたいと思います。

私の場合それほど顔に多く出ているわけではないのですが、

うすくなったりもしくはなくなったりという話も聞きますので、しみ対策について私も積極的に取りいれていきたいと思います。

目標が出来ましたわ。